紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

不眠・睡眠障害 | 大津市湖青・堅田の整骨院 | 湖青鍼灸整骨院

不眠・睡眠障害

不眠、睡眠障害を改善するなら大津市、堅田の湖青鍼灸整骨院まで

こんなお悩みを抱えていませんか?

・ぐっすり眠った気がしない
・最近よく眠れない
・途中で目が覚めるとそこからなかなか眠れなくなる
・朝早い時間に目が覚めてしまう
・寝つきが悪くて30分以上眠れない
・きちんと寝ているはずなのに目覚めがスッキリしない

上記の症状にあてはまるものが多く、長期間続いている場合には、ぜひ大津市、堅田の湖青鍼灸整骨院までご相談ください!寝るのに時間がかかる、途中で目が覚めてしまう、寝ているはずなのに目覚めがスッキリしない状態が長く続く場合、睡眠障害が疑われます。

短時間でもしっかり熟睡できていればいいですが、ぐっすり眠った気がしないなら疲れは抜けません…。不眠、睡眠障害のないお客さんでも、時には眠りが浅い時や、全然眠れないこともあるでしょう。

しかし深刻な不眠、睡眠障害になると、時々といった話ではなくなってきます。日常的に眠れず、眠っても疲れがとれないことがあります。こういった状態が長期間続くとストレスがたまり、肉体的にも精神的にも疲労がたまってしまいますよね。

睡眠の質は生活や仕事のパフォーマンスにも影響します。支障をきたさないためにも、不眠、睡眠障害の施術を受けましょう。湖青鍼灸整骨院では、国家資格を持つ施術師が独自の鍼灸や調整施術をおこない、自律神経を調整します。お客さんのその日のコンディションに合わせ、ぴったりの施術方を選定しておこないます。

スムーズに眠れるようになりたい、ぐっすり眠って不眠、睡眠障害を根本的に解決したいなら、ぜひ湖青鍼灸整骨院までお気軽にご来院ください!

不眠、睡眠障害になる原因は?

不眠、睡眠障害になる原因はいくつか考えられます。
・身体的なストレス
・心理的なストレス
・アルコール
・カフェインのとり過ぎ
・時差ぼけ
・服用している薬物
・うつ病
・生活習慣の乱れ(昼夜逆転の生活など)
・光や騒音といった物理的な要因

人間関係でストレスが多いと心労がたまり、ぐっすり眠りにくくなることがあります。また、何らかの疾患を抱え、体に痛みや不快感がある場合は、身体的ストレスによって気持ちよく眠れないでしょう。

落ち込んで憂鬱な気分が続いている時は、うつ状態の可能性があります。うつ病の方の多くが不眠、睡眠障害といった悩みを抱えています。自分はうつ傾向になっていないか、振り返ってみましょう。

アルコールやカフェイン、ニコチン、病院で処方された薬を常用しているお客さんは、その成分によって不眠、睡眠障害を引き起こしている可能性も考えられます。特にカフェインを寝る前にとり過ぎると、頭がさえて眠れなくなることや、頭痛がする場合があります。

湖青鍼灸整骨院での施術

湖青鍼灸整骨院で導入しているものには、次のようなものがあります。
・ドクターメドマー
・ホットパック
・ウォーターベッドアクアスワニー
・高精度体成分分析検査
・高電位施術器
・低周波
・超音波治療器
・ES530

湖青鍼灸整骨院では温熱療法やマッサージで体の筋肉をほぐし、疲労回復や血行促進もしています。自律神経の乱れから来る不眠、睡眠障害にもおすすめです。

自分でできる不眠、睡眠障害の対策

簡単なことから、不眠、睡眠障害を解決に導くことができます。以下をご参考くdさい。

・睡眠日誌をつける
睡眠の効率を上げるためにも、どれくらい眠ったか、寝床にいた時間を記録して睡眠日記をつけましょう。
振り返ることで、自分の睡眠の傾向をつかめるでしょう。直接的に不眠、睡眠障害を治す方法ではありませんが、間接的に睡眠の質を高めるのに役立ちます。

・寝る前にリラックスできることをする
寝る前に自分が心地良いと思うことをしましょう。リラックスすると自然と脈拍が遅くなります。脈拍が落ち着いてきたところで寝ると、眠りにつきやすいでしょう。好きな香りのアロマを使うのもいいですし、ゆったりした音楽を聴くのもおすすめです。

・眠くなるまで寝床に入らない
夜になったから眠らなきゃ!と義務感で寝床に入っても、プレッシャーで眠れないことがあります。特に不眠、睡眠障害の方は、「今日も眠れなかったらどうしよう…」という不安や焦りを抱きやすいです。

その感情が原因で緊張し、眠れなくなることがあります。疲れて眠くなるまで寝床に入らないようにするのも、方法の一つです。余計なプレッシャーからも解放されるでしょう。