紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

腱鞘炎 | 大津市湖青・堅田の整骨院 | 湖青鍼灸整骨院

腱鞘炎

ヘルニアでお困りなら大津市湖青・堅田の湖青鍼灸整骨院まで

こんなつらい症状はありませんか?

・ものを掴んだり握る動作がつらい
・手首の親指が腫れて痛みが出ている
・手や指を動かすと痛みが生じる
・手や指が腫れて炎症を起こしている
・指を伸ばすとひっかかりを感じる
・ばね指
・関節の曲げ伸ばしが大変

もし上記の症状に心当たりがある項目が多ければ、腱鞘炎の可能性が高いでしょう。
すでに腱鞘炎になっている場合は、早期に改善しなければ悪化する一方です。重症になってしまうと、ほんの少し手指を動かすだけでも不快感が出ます。

思い通りに手や指を動かせないと生活にも支障が出るでしょう。大きな支障が出る前に、
大津市湖青・堅田の湖青鍼灸整骨院までご相談ください。当院では腱鞘炎を改善する施術をするのはもちろん、予防法や効果的な治し方についてもご説明します。

腱鞘炎になるきっかけは?

・長時間のパソコン
・長時間のゲーム
・テニスなどのスポーツ
・文字をたくさん書く
・ピアノなどの楽器演奏を長時間する
・長時間のスマートフォン操作

最近腱鞘炎のお客さんで多い原因が、長時間のスマートフォンやパソコンの操作です。
現代ではスマートフォンやパソコンを使用するシーンが増えている背景もあり、腱鞘炎は現代病ともいえます。

スマートフォンを使う時、片手の親指ばかり使いがちです。このような偏った使い方を長時間していると、親指が酷使され手指が痛くなるのです。スマートフォンの画面が大きいなら特に要注意です。画面が大きければそれだけ親指の動きも大きくなり、負担がかかりやすいからです。

パソコンもスマートフォンと同様に、操作中に指や手を酷使することで腱鞘炎を招きます。タイピングのスピードが速いお客さん程腱鞘炎になりやすいでしょう。キーボードを力いっぱい叩くクセがある場合も、腱鞘炎に関わります。優しくタッチするように意識してくださいね。

また、テニスなどラケットを握るスポーツでも、腱鞘炎になることがあります。

腱鞘炎はどうやって克服するの?

腱鞘炎の改善方法は複数あります。

・安静にする…手や指をできる限り使わず負担をかけない
・ストレッチ…指や手首をストレッチする
・外用鎮痛消炎薬…病院で処方される
・注射…病院で対応
・テーピング…テープを巻き、指や手をできる限り動かさない
・オペ…病院で対応
・ツボ押し…痛みを和らげる効果が期待されるツボを押す

大津市湖青・堅田の湖青鍼灸整骨院ではテーピングやストレッチ、ツボ押しなどで腱鞘炎を改善していきます。薬の処方や手術は当院ではしません。

腱鞘炎を予防するには

手や指(特に親指)を使い過ぎないように注意することです。パソコンやスマートフォンの操作ではどうしても指を使うため、できる限り短時間の使用に努めます。

仕事の関係でどうしても長くなる場合は休憩をこまめに入れることです。
長時間の楽器演奏も要注意です。

手や指を酷使した後は使った部分をストレッチしておくと予防になります